2010年11月08日

黄金山アタック、九州初上陸!

「海峡演劇祭2010」閉幕を飾るのは、
広島からの劇団「黄金山アタック(おうごんざんあたっく)」!

作品は『切女―せつな―』

setsuna_mini.jpg

―人間、欲望、寂寞、社会、家族・・・
それらの間で『刹那』に生きた、女の話―

奔放にそして雁字搦めに生きる女「エイコ」を中心に錯誤するドラマが繰り広げられる。
それはまるで終わるのか始まるのか判らない音楽のような希望と絶望。
不可思議で、それでいて情熱的な旋律の演劇を、魂を込めてお届けいたします。

Setsuna5.jpg

【日時】
11月13日(土)15:00
(上演時間約90分)※見終わって「飛ぶ劇場」も間に合いますよ。

11月14日(日)16:30
※えだみつアイアンシアターでの『サンタめん』見終わってからでも間に合います!

【会場】
関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)多目的ホール

【料金】
一般前売¥1.800/一般当日¥2,300
高校生以下前売¥1,500/高校生以下当日¥2,000
■メール予約→ ohgonzan@hotmail.co.jp
■電話予約→ 080-1639-0306

作・演出/藤井友紀
出演/吉本武史、毛利亜衣、難波香織[天辺塔]

Setsuna1.jpg

藤井友紀の剔るような愛の渇望と、恐ろしいまでに美しい世界観を。

一緒に見届けましょう。

心から、お待ちしてます!!


taniseへのメールでもご予約受付けてます!
posted by tanise at 22:32| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168746216

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。